敷金とは?正しい意味を理解してトラブルに注意しよう

敷金とは わかりやすく1

こんにちは。ラシックエステートの原田です。

引越し経験者でも意外と理解されていない人も多い「敷金」「礼金」。実際に私も数回の引越し経験の中で、あまり深く考えておらず支払った経験があります。正しく理解することで、初期費用や退去費用を抑えられることも…!

この記事では、敷金や礼金の違いやよくある質問もわかりやすく解説します。

敷金は家賃滞納や原状回復の費用に当てられる費用!

敷金とは わかりやすく2

敷金とは、大家さんのリスクを減らすための保証金です。もっと分かりやすく説明すると、「敷金は大家さんにとってトラブルを避けるために事前に預かるお金」です。

大家さんにとって、何かの理由により家賃を滞納されてしまうことや、貸した部屋が激しく汚されたり傷つけられたりすることは、損害となります。

入居時に敷金を預かっていれば、何かの都合で家賃がもらえないときに家賃に充てることもできますし、退去するときに掃除や原状復帰にかかる費用として利用できますからトラブルも減ります。

また、預かった敷金は掃除や補修後に余れば返却するシステムなので、敷金がたくさん戻ってくるように、物件をキレイに扱ってくれる人も多いです。そのため、敷金は大家さんにとって大きな意味をもつお金となるのです。

礼金は貸し主へのお礼に当てられる費用!

礼金とは、部屋を貸してくれた大家さんへの「お礼のお金」です。毎月家賃を支払って入居してるビジネス上の関係なのにお礼といわれても納得できない人もいらっしゃるでしょう。

そこで礼金を分かりやすく説明すると、大家さんの利益です。入居者はあまり意識しないことですが、大家さんは空室の場合、ほこりがたまったり、設備の劣化が起こったりしないように掃除やメンテナンスをしています。入居者が気持ちよく生活できるのは、大家さんの細やかな管理があってこそなのです。

敷金のよくある質問

敷金とは わかりやすく3

ここからは、敷金に関するよくある質問とその回答を分かりやすくまとめます。

Q1: 敷金の相場はどのくらい?

首都圏では家賃の1ヶ月分程度が相場です。

Q2: 敷金が返ってくるのはいつ?

その物件を退去してから1~2ヶ月の間に返却されるケースが多いです。契約書に返却までの期間を記載している場合もありますから確認してみましょう。また、気になる場合は退去するときに返却時期と担当者を確認しておきましょう。

Q3: 敷金礼金なし物件のデメリットは?

まず、敷金がない物件は退去時にハウスクリーニング費用や補修費を請求されることが多いことを覚悟しておきましょう。かなりキレイに使っているつもりでもハウスクリーニング代として数万円程度が要求されることも珍しくありません。また、入居期間が長かったり、キズや汚れが多かったりしたときには10万円を超える費用を求められる場合もあります。

礼金ゼロについては直接的なデメリットはないと思ってよいでしょう。

他には、敷金礼金のない物件は不人気で入居者が入りにくいものがある、ということに注意する必要があります。駅から遠かったり、周囲に買い物する場所や病院などが少なかったり、騒音やにおいの元があるなどの環境面での問題や、物件自体が古く設備も老朽化しているなどの悪条件も考えられますから内見でしっかり確認しましょう。

Q4: 敷金と保証金の違いは?

目的としては敷金も保証金も、退去時の原状復帰費用、家賃滞納時の保険ということに変わりはありません。敷金は関東地方周辺で多く使われる言葉で、保証金は関西など西日本で使われることが多いです。

ただし、気をつけるのは返金方法です。保証金を取っているところでは礼金がないかわりに、「敷引」という返金されない金額が保証金に含まれている場合があります。

例えば保証金15万円、敷引5万円と書いてあれば、敷引5万円は返却されず、退去時の原状復帰費用にも充てられません。15万円から5万円を引いた10万円から補修や清掃を行い、残った場合は返金されるという仕組みなので、敷引を礼金と考えてもよいでしょう。

Q5: 敷金トラブルで気をつけることは?

この質問に対してはいくつかの項目に分けて、分かりやすく解説します。

【入居前】契約書と室内のチェックを忘れずに

東京都都市整備局に寄せられる電話や窓口での相談内容では、賃貸物件に関するトラブルの1/4が敷金の清算に関連するものです。敷金の返却などに関しては問題になりやすいので、入居前に契約書をしっかりチェックし、入居時にキズ、シミ、カビなどを確認して不動産会社や大家さんと情報共有し、元々あったものであるならば、自分の責任ではないことがはっきり分かるように記録しておきましょう。

【入居中】日頃の手入れで費用が変わることも!

入居中は特に「水」に関連することに気をつけましょう。結露を放置したことによるカビ、風呂や洗面所の水垢やカビなどは入居者の責任で補修する項目に含まれています。また、壁に画びょうを打つ程度は問題ありませんが、クギなどは有償補修の対象になります。

【退去時】借主?貸主?どっちの負担?

退去時には物件を確認して、補修すべき内容や借主(入居者)と貸主(大家さん)のどちらが負担して補修するのかの整理が行われます。これは必ず本人が立ち会って、一方的な請求を受けないように注意しましょう。

ちなみに日光などによる経年劣化は入居者の責任ではありませんから、日焼けなどによる壁紙の交換費用を求められてもしっかり断りましょう。

入居者と大家さんの責任範囲について分かりやすく書いた記事があるので、詳しく知りたい方は以下を参照してください。

→「敷金はいくら返金される?退去費用を最小限に抑える3つのポイント」

敷金とは?トラブル回避のための正しい知識まとめ

敷金とは何かという疑問について、Q&A方式を使って分かりやすく解説しました。

当社(ラシックエステート)では、お客様の目線に立って初期費用を安く抑えた賃貸物件の利用ができるような工夫をしています。

仲介手数料の相場は全国的に家賃1ヶ月分ですが、ラシックエステートは大家さんから手数料をいただいた場合には仲介手数料を無料にしています!

また、不動産業界ではまだまだ少ないクレジットカード決済が一部の物件で利用できます。そのため、数十万円にもなる初期費用を現金一括払いしなくても、分割払いの検討が可能な場合もあります。

「賃貸物件をもっと気軽に利用したい」、「住みたいところに住みたいときに引越したい!」と思う方は、ぜひラシックエステートをご利用ください。

株式会社CHINTAIの子会社として、賃貸物件、売買物件問わず、日々新たな不動産サービスの開発を行っています。お部屋探しならお気軽にお問合せ下さいませ。